ノンバンク 借入

ノンバンクで借入を行うということは、実際にどのようなものなのでしょうか。

 

まずノンバンクはその名前の通りに銀行が業務を行っているわけではなく、
融資業務を主体としている金融会社のことを指しています。

 

種類としては商工ローンや消費者金融から信販会社などと様々あるのですが、
いずれも銀行とは大きく営業形態が異なりますので預金や送金などの業務は基本的に行われていません。

 

そうした事から、業務の中心となる融資を行う中で会社としての利益を出す事になりますので、
銀行と比較した場合にやや金利が高くなる傾向があるという点は避けて通る事ができません。

 

借入に際して金利が高くなるというのは私たち消費者から見れば非常に大きなデメリットとなるのですが、
ノンバンクでの借入はそのデメリットを大きく補うだけのメリットがあるのです。

 

どういったところがメリットなのか、まず最初にポイントとして挙げられるのは、
借入が受けられるまでの期間が非常に短いという点で、
審査が緩やかである事から融資決定までのプロセスは少なく、早い対応を期待することができます。

 

またそれ以外にも銀行のように担保を必要としなかったり、
また金融機関によっては連帯保証人などの条件も必要としない場合もありますので、
このあたりの条件が緩やかな点も大きなメリットであるといえます。

 

どこから資金を調達するか銀行や金融会社など迷う中で、
こうしたメリットを求めてノンバンクを利用するという方も非常に多くいるのです。