ノンバンク 安い金利

ノンバンクの利用を考えている方にとって、最大のネックとなっているのは金利であるといえます。

 

確かにノンバンクの場合は金利が高く設定されていますので、
返済期間が長引いてしまえば、その分だけ高い金利分を払い続ける事になり、
支払う分が増えてしまえば負担もより重く圧し掛かってくることになりかねません。

 

一方で銀行の場合は、ビジネスローンであっても金利が安いという事がありますので、
できればそちらの方でゆうしをお願いしたいところですが、借りづらかったり断わられるケースも非常に多くあります。

 

普段から利用しているなじみの銀行でも、馴染みであるがゆえに、
こちらの経営状態が見透かされているという事もありますので、
追加の融資をお願いしても断わられてしまう場合が多く、銀行の安い金利を活用する事ができません。

 

ただノンバンクの場合も、借り入れ期間がそう長くならないのであれば、金利負担分もそう多くはかさみませんし、
金融会社によっては、初めてのご利用の方向けのキャンペーンなども行っている場合があり、
1週間に限り利率0パーセントなどのサービスを利用すれば、
安いどころか費用をまったく掛けない借り入れも可能にする事ができます。

 

こうしたサービスの良さというのは、銀行ではなかなか打ち出せませんので、
ただ金利が安いという要素だけで考えるのではなく、
ノンバンクを含めてどの様なサービスやキャンペーンがあるのかという点も、
必ず見比べておかなければいけないといえます。

ノンバンク 安い利息

会社を経営する中では比較的にまとまった資金を必要とする場面はよくあるもので、
手持ち分で補えない場合は銀行などの金融機関から融資を受ける事になります。

 

銀行を利用するメリットは資金を調達する際のコストが安いという点が挙げられ、
利息の支払い分を少なくできる事からその後も資金的にも余裕を持った返済が可能となります。

 

ただ銀行は融通が効かないうえに手続きも煩雑で、融資の決定まで長い時間がかかるという大きなデメリットもあります。

 

また決定まで散々時間を掛けたうえで断られる事も多々ありますので、これでは何のための銀行かとため息をついた経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

ただ融資を受けてくれる金融機関というのは何も銀行ばかりではありませんので、
こうしたときにはノンバンクを利用して資金を調達するという選択肢も検討しても良いでしょう。

 

ノンバンクは銀行とは異なり利息が安いという事はないのですが、
融資を受けるまでのハードルは銀行とは比べ物にならないほど低く、
決定までのプロセスが短い分だけ早く融資の決定がなされます。

 

ただノンバンクの場合は会社にもよりますがデメリットとして利息が安いものではありません。

 

金利は融資額によっても変わるのですが、銀行と比較すると利率が倍になるケースもありますので、
長いスパンでの返済には向かず、短期のうちに返済できる事が決まっている場合に利用すると、
非常に便利にサービスを活用する事ができます。